HACCP認証協会からのお知らせ  | 【公式】総合衛生管理HACCP認証協会

HACCP認証協会からのお知らせ

2020,06,10

Web学習オンラインHACCPシステム情報 No.7


PDFのダウンロードはこちら↓
オンラインHACCPシステム情報No.7


オンラインHACCP(ハサップ)システム情報 No,7


HACCP(ハサップ)による衛生管理 No,7
~HACCP(ハサップ)義務化に向けて~食品安全マネジメントシステム
HACCP認証協会 会長 中山博友
一般的衛生管理プログラム(PRP)の要求事項
【SOP・SSOPによる管理】

食品安全のために守らなければならない基本的な衛生管理の考え方を知っている人・物
施設の管理を行うことができる
・SOP、SSOPの作成と見直しができる
・現場の作業者に指導ができる



PRP1 施設の立地と周辺環境
●要求事項
食品製造は、潜在的に危険物質が製品に入らない立地区域で行わなければならない。
又、その手段の有効性は定期的に見直さなければならない。





食品工場は、敷地周辺の環境からの悪影響(環境ハザード)を極力避ける必要があります。
環境ハザードの潜在汚染源には、廃棄物処理場化学薬品工場が該当しますが、敷地周辺にあるこのような潜在汚染源を環境ハザード一覧表にまとめておくと、容易に注意を払うことができます。





周辺環境からの悪影響の想定例
・施設周辺に、廃棄物の処理場等から汚水や異臭が流れ込んだり、昆虫等が侵入する。
家畜の飼育場から、動物の糞尿や、それに由来する昆虫等が侵入する。
族・昆虫等の発生の他、敷地内に農薬が飛散する。

天災による施設への悪影響が懸念される場所は、事業の継続性の他に、施設の破損や汚損といったリスクや、洪水等によって敷地内に有害な物質が流入するなどのリスクが高まります



敷地境界線が明確でないと、施設の管理領域や、管理手段が明確にできない他、外部からの侵入者等の防御に問題が発生します。


HACCP(ハサップ)認証にはさまざまな衛生管理が必要です。

2018年6月に議会で可決しました改正食品衛生法によって
2020年の6月から食品を扱う全事業者に対してHACCP(ハサップ)による衛生管理の義務化が行われることが決定致しました。

2020年6月の法律施行から1年間は猶予期間となっており、2021年6月からHACCP(ハサップ)の完全制度化が開始する運びとなります。
食品を扱う全事業者が対象です。

この機に自社のブランド力アップに取り組んでみませんか?

HACCP(ハサップ)認証の取得のお問い合わせはこちらまで


https://www.th-haccp.com/contact/

一覧はこちら↓
https://www.th-haccp.com/news/index.php?category_seq=11

 
一覧へ戻る
このページのトップへ戻る